『文豪カプリチオ』キャストコメント

『文豪カプリチオ』出演キャストに撮影を終えた後に、コメントを頂きました。制作にあたっての意気込み、映像の見どころなど…本編映像と合わせお楽しみください。

『文豪カプリチオ』第二弾 声優 土屋神葉 コメント

▶『文豪カプリチオ』の話が来た時どう思いましたか?
企画書を読み、すごく自分がやりたかった、そんなテイストの作品だと思いすごく嬉しかったです。映像美と、声と、そして生の芝居。
普段はアフレコでアニメの声を演じていますが、その声優がどういう表情でアフレコに取り組んでいるのか、そういったものを垣間見せるような企画は本当に素敵だなと思いましたし、この企画に出演できたことに感謝しています。

▶カメラの前 ”1人で演じる”ことはいかがでしたか?
谷崎潤一郎の作品がベースにあるので、味わい深く、「自分はこの解釈で演じてみよう」っていう案を演出家の方が受け取ってくださって、さらに深めて。
そういったキャッチボールをできたので、正直なところすごくやりやすくて、本当に一日が早く終わったなっていう風に感じています。

▶このシリーズは、近代文学の朗読を耽美的に見せることを基本にしているのですが、“耽美的に演じる”という点で意識したところはありますか?
そうですね。やはり耽美ってなんかセクシュアルな感じのイメージですよね、僕の中で。なので、仕草ひとつ、動作の途中、細々としたところに見た人がドキッとするような、“え、何今の?”って思ってくれるような、そんな目線、仕草、あと息遣いっていうものを意識して、いたるところに散りばめて撮影に臨みました。

▶最後に一言お願いします。
やはり心を込めて、照明さんだったりディレクターの方だったり、美術さん、衣装さん、音声さん等すべてのスタッフがサウナのような暑い現場を乗りきって、心ひとつに作品を作った、そんな気持ちのこもった映像作品ができたと思うので、その熱量を皆さんに感じてもらって、そしてその根底に流れる谷崎潤一郎の耽美さ、そんなものを感じ取っていただけたらとても嬉しいなという風に思っております。

『文豪カプリチオ』第二弾 土屋神葉 レンタル情報はこちら

『文豪カプリチオ』第一弾 声優 千葉翔也 コメント

▶『文豪カプリチオ』の話が来た時どう思いましたか?
企画の第1回目が僕でいいのかなと正直思いました。ただ、この番組の説明を聞いているうちに、すごくたくさんの方たちがこの企画の立ち上げと制作に関わっていることを知って。すごくワクワクしました。特にアニマックスは、子供の頃から見ていたので、こういった形で関わることができたというのがすごく嬉しかったです。

▶カメラの前 “1人で演じる”ことはいかがでしたか?
今回は僕“千葉翔也”という個人も尊重してくださっているなっていう風に感じましたし、多少照れくささがありました。スタッフ皆と作り上げている感じがあるので、特に1人という孤独感とかなくて、逆に自分のままで演じることができたので、朗読しやすかったです。また、僕の<世界>でやれることもあり、そこはすごくありがたいなと思いました。

▶今回身に着けている“和装”について
シンプルには和装をちゃんと着つけてもらう機会っていうのがあまりないので、自分的にはとても新鮮でした。意外と体の一部というか、すんなり入っていけました。
アフレコの仕事の時は、正直服装が何かに影響する事ってことがないのですが、服装が自分のイメージを膨らませる時にトリガーになっていたりすることがあるので、そういう意味では今回和装を着つけていただいたことによって、今回朗読する「心」の世界観に自然と寄り添えたのかなと思いました。

▶ロケーションについて
なぜかとても落ち着きましたね。最初は虫も多いし不安だったんですけど・・・。いざ撮影に入ると、都内で見る虫と違ってなぜか平気で。都内にいるから怖いだと思って(笑)。周りに自然も多くてとても楽しめました。

▶最後に一言お願いします。
めちゃくちゃ沢山のスタッフが関わって撮影しました。自分のなかでは、アフレコの時の声やドラマの時の芝居、朗読は、そんなに実は分け隔ておらず、「心の声が漏れてしまっているもの」とか、「普通に話している人の声」とかそういうコト・モノを大事にしたいと思っています。
本作品ではそんな思いを大切に演技・朗読しているので、ぜひご体感いただければと思います。

『文豪カプリチオ』第一弾 千葉翔也 レンタルはこちら


■『文豪カプリチオ』千葉翔也 オフショットギャラリー

アニマックスプレミアムVODにサインイン頂き、無料ID登録後にどなたでもご覧いただけます。無料IDの取得は以下ボタンよりお手続きください。

サインインしてオフショットギャラリーを見る